冷凍空調設備

一般から特殊設備の提案施工

一般的な、事務所・店舗・施設・工場・倉庫などの空調設備。
食品工場や物流センターの冷蔵庫・冷凍庫、除湿設備など。
冷水チラー・ブラインチラー・特殊用途のチラーなど。

イータマックス冷凍システムの提案施工

従来の冷凍設備に比べ、設備の運用効率UPとストック商品の品質UPを兼ね備えた優れた冷凍技術。冷凍設備の抱える問題を解決する「イータマックス冷凍システム」。

イータマックス冷凍システムemRS 詳細は、こちらのページへ------->link

冷媒フロン類について

【フロン排出抑制法について】
業務用冷凍空調機器の冷媒フロン類に関して法が改正されました。
フロン類の使用の合理化及び管理の適正化に関する法律として「フロン排出抑制法」が、2015年4月より施行されました。
機器の管理者・所有者様へ、機器を管理する責務が定められました。
・機器の据え付け時、適正場所の確保。
・点検の実施 [簡易点検]または[定期点検(簡易点検+漏えい点検)]
・運用中の点検・充填・回収・漏えい量など整備の記録および、記録の保管。
・漏えい量 CO換算で、1,000CO-ton/年間 以上の場合、国へ報告。
・機器廃棄時のガス回収(改正前からの義務)

業務用冷凍空調機器に使用されている冷媒は、代替えフロン「オゾン層を破壊しない」ものに転換されています。しかしこの代替えフロンは大気に放出するとCOの数千倍「地球温暖化」に与える影響が大きい。無用なフロンの放出を防止するようお願いします。

【HCFC R22冷媒について】
オゾン層破壊物質であるHCFC類(R22冷媒など)のフロンは、減産・全廃へ。
・2015年1月から、国内生産6割削減
・2020年1月から、生産ゼロ化(全廃)
今後、流通量の減少により入手に時間がかかることや、品薄による価格の値上がりなどが想定されます。もしものときに緊急性を必要とする機器をお使いのユーザー様は、早めに機器更新のご検討を!


有限会社大西冷熱は、「冷媒フロン類取扱技術者」としてサポートしています。

フロン排出抑制法早わかり図解------------------->PDF
  (一財)日本冷媒・環境保全機構 (一社)日本冷凍空調設備工業連合会
HCFC(R22冷媒等)国内生産 削減・全廃のお知らせ------>PDF
  (一社)日本冷凍空調工業会